男性

コストにも配慮して

可用性管理は上手くいかないと業務に支障が生じ、損失が出る場合もあるため、責任の所在を明確にして適正にリスク対策や備え、万が一の際の早期復旧を目指す必要があります。可用性管理にかかるコスト管理や人材管理も含めた対応が求められます。

リスク軽減のツール

男女

トラブルを未然に防ぐ

社内や社外とのコミュニケーションツールとして、最も広く利用されているものがメールである。日常業務の連絡手段や情報共有手段、取引先への資料送付や連絡など様々なシーンで活用されている。これらのメール活用においてリスクとしてあるのが、メール誤送信である。メール誤送信では意図しない相手にメールを送付してしまうことであり、それにより不利益を被るケースがある。本来は見せたくない情報を相手に送ってしまうことや、添付ファイルなどを関係ない多数の宛先に送付してしまうなど様々なケースがある。特に機密情報を含んだメールや、個人情報を含んだ添付ファイルを誤った宛先に送付るなどメール誤送信においても深刻なケースがある。これらのメール誤送信を防ぐための方法としてあるのが、メール誤送信対策ツールの導入である。対策ツールでは、メール送信前に確認を促し問題ないことを確認してから送信させる仕組みのツールが主流になっている。また、チェックの厳しいツールでは上長の承認などを得ないと外部にファイルを送信できないものなどもある。メール誤送信対策ツールでは、メール本文や添付ファイル内を解析し特定の情報が含まれる内容は送信できないようにガードするツールなどもある。これらのツールを導入することにより、メール誤送信のリスクを軽減させることができる。但し、メール誤送信対策ツールの導入を行ってもその運用が確実に行われる必要があるため、運用徹底が重要となる。

レディ

貴方のすぐそこにある危機

IT化の進展にともない、見積書や契約書の提出などをEメールで送信することも増えてきている。それに伴い、Eメール誤送信が問題となってきている。Eメール誤送信は、会社への大きなペナルティを伴うことが多々ある。メール誤送信を防ぐには、社員の意識向上と誤送信防止システムの導入検討が急務である。

女の人

業務効率を落とさない工夫

可用性管理をしっかり行うことでシステム障害の回避や災害時の事業継続も期待でき、万が一のシステムダウンやシステムメンテナンスによるダウンタイムが生じても、最小限に抑えて業務への支障や顧客や取引先への影響を防げます。

男の人

メールとそのリスク

メール誤送信を発生させると、個人情報の漏えいや機密情報の漏えいなど企業にとって大きな不利益となる可能性が有る。メール誤送信対策は、簡易的なツールであり導入しやすく、コストも多くかからないことも魅力である。

男性と女性

IT運用管理方法について

企業におけるIT運用費用と効果を図ることは難しいものであったのですが、様々な手法により解決可能になっています。可用性管理もそのうちの一つであり、費用対効果が見えにくい可用性に対する取り組みについて、明らかにしていくことが可能になるのです。