コストにも配慮して

男性

責任を持った業務管理を

可用性管理は業務に不可欠な社内システムやネットワークやデータサーバーが、システム障害やトラブルなどの影響を受けず、業務に支障が出ないように運用するための手法です。思わぬシステム障害などが起きないように管理するだけでなく、起きてしまった際にいかにダウンタイムを最小限に抑えるかを検討して対策をとったり、必要なシステムメンテナンスが長引いたり、バージョンアップや新機能リリースに伴って不具合が生じないよう、IT部門に携わる人材管理や技術面の管理も求められます。可用性管理は適切に行われなければ業務に支障が生じ、復旧が遅れれば社内だけでなく、取引先や顧客へも影響を与える大きな事態を招き、収益にも関わってきます。その反面、可用性管理そのものにもコストがかかります。常時、監視をするシステムや監視をする人材やシステムトラブルに備えて待機する人材にかかるコスト、サーバトラブルなどに備えてバックアップサーバを用意したり、災害に備えて同じ設備や電源を並行稼働するコストなども必要です。そのため、可用性が失われることで発生するコスト負担と、可用性管理にかかるコストをよく分析して、どの程度の対策を講じていくのかを考えることも大切になります。可用性管理はIT部門のチームや、システム開発を請け負った業者などによって行われますが、可用性マネージャーを選任し業務の統一性と責任の所在を明確にして、コスト管理から人材管理も担ってもらいましょう。