業務効率を落とさない工夫

女の人

トラブル回避の鍵を握る

可用性とは社内システムやネットワークサーバなどのIT機器やITサービスが、正常に使える状態にあるかを示す割合で可用性を高いレベルで維持するために、可用性管理の重要性が高まっています。システム障害が起きたときに復旧作業にあたるだけでなく、そもそもシステム障害が起きないように対策をとったり、障害が起きてから連絡を受けて駆け付けるのではなく、常時、管理ツールや人材によって監視を行い直ぐに不具合に対応できる状態の維持、システム障害やトラブルが生じた時に最小限のダウンタイムで復旧させる対応力なども可用性管理において重要な役割を果たしています。可用性管理においては人材の配置や障害を起こさないような作業工程の工夫や見直し、人材育成なども行われ、災害時や物理的な故障に備えてサーバーなどを複数台置いたり、予備電源を設置するなどのコストがかかる対策も実施されます。そのため、人材管理やコスト管理も重要となり、可用性管理の責任者は人材の研修やコスト面も含めて検討する必要があります。新機能のリリースやバージョンアップ時、システムメンテナンス時にミスを起こさないように手順やテストの徹底を図ったりすることも求められます。可用性管理をしっかり実施することで、無用なシステム障害の回避や災害時の事業継続が可能となり、万が一、システムダウンが生じた際も、最小限のダウンタイムで業務への支障や顧客や取引先への影響も抑えられます。