メールとそのリスク

男の人

誤送信への対策

メール誤送信を発生させると、様々な問題が生じる可能性が有る。企業においては、社内外の連絡手段や情報送付手段などとしてメールを中心に利用している。メールについては、宛先を間違えて指定することで意図しない相手にメールを送ってしまう可能性が有る。また、メールではファイルを添付し送ることができるが、誤ったファイルを添付してしまう可能性もある。メールでは、送信してしまうと取り消すことができない。その為、メール誤送信対策では送信前の対策を行うことが必要になる。メール誤送信対策では、メール誤送信対策ツールを導入し対策を行う方法が一般的である。メール誤送信対策では、宛先やメール内容を利用者にチェックさせることを主目的としているツールが多い。送信する宛先を一覧表示し、チェックをしてから送信ボタンが押せるようになるものや、添付ファイルの内容を確認させてから送信させるものなどがある。これらのメール誤送信対策を行うことで、完全に誤送信を防げるとは言い切れないが、リスクを軽減させられるメリットがある。メール誤送信を発生させると、情報漏洩に繋がったり、社内の重要情報を漏らすことになり不利益をこうも売る恐れがある。その為、メール誤送信対策をすることでこれらを防ぐことの効果は大きいものとなる。メール誤送信対策は比較的簡易的なツールである為、導入費用が多くかかることが無く導入もしやすい。維持保守などの負担も少ない点も、大きな魅力となっている。